子どもがジュニアサッカー?!

↑ いつでもAmazon検索出来るようにしました♪ ぜひ、活用下さい♪

SOUMAR’s diary

岡本太郎を愛する父とネイマールに憧れた息子ソウマール(現小3)の壮絶なジュニアサッカーに挑む親子の物語です。

ありがとう、さようなら!【最終話】

どうもオヤマールです。


ということで
突然ですが本日が最終話となります。


えーーー!!


という声が聞こえてくれば、私は頑張った甲斐がありましたよ~(笑)

定番!!入学式&卒業式ソングコレクションベスト30

定番!!入学式&卒業式ソングコレクションベスト30

  • 発売日: 2014/01/15
  • メディア: MP3 ダウンロード



そもそも
このブログを始めたきっかけは
ソウマールの宣伝。
はたまた友達作りだったのです。


そうです。


全てはソウマールのためにやったこと



しかーし!


世間には厳しいルールなるものが沢山ある事を私は最近知りました(笑)



理由は聞かないで下さいよ。察して下さい(笑)

soumar.hateblo.jp





ということで本当は書く事がまだまだまだ8000個ぐらいあるのですが、これ以上ブログをやって
最悪、ソウマールの足を引っ張りかねなくなるので、ここでブログを止めておくのが得策と考えました🎵



決してネガティブな話ではないんですよ!!ネガティブなっ!

むしろポジティブです♪


。。。理由は言えませんが(笑)



そう!
それでも私が皆さんに言える事といえば。。。


サッカー以外で最低限、これはやっといた方がよいですよ。

soumar.hateblo.jp




日本のセレクションはサッカー以外を重視する傾向にあるので!!


ここ大事です!!
明日のテストにも出ますよ(笑)

日本はサッカー以外の運動能力が大事!!



と、まぁ、言いたい事は言えたので、とりあえずここでさよならです。


しかーし!


ソウマールのサッカー人生は続きます。
そしてその横にオヤマールはいます。


もし試合会場などで私達親子を見かけたらぜひお声かけ下さい。


親子で人見知りですが(笑)


そしてこのままの勢いでプロになった時には。。。チャントはソウマールでお願いしまーす(笑)



さてさて


彼は本当にプロになれるのか?
それともなれないたんなる早熟ちゃんなのか?


乞うご期待!!


もし
試合会場に
背が高く、体が大きいのに、足元がしっかりとし、なおかつ小心者な子がいたら。。。


それはソウマールかもしれません(笑)


それでは
またどこかでお会いしましょう🎵
See you...✌️

長い間、ご愛読ありがとうございます。
オヤマール先生の次回作にご期待ください(笑)

ではでは~✋

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
少年サッカーランキング

子供をサッカー選手にさせるのが夢だった親

子供をサッカー選手にさせる!!

そんな素敵な夢を持つ親もいるかと思います。



私のチームの親にも、そういう方が多数いて、必ず私に
「いや~オヤマールさんのところはいいですよね~!息子さんがあんなに熱心にサッカーをやっていて」


「え。。。いや、そんな。。。」


「またまた~、親からしたらこれ以上の幸せなんてないじゃないですか。うちなんか無理やりやらせてるもんだから下手なまんまで、ほんとソウマールくんのようになってほしいわ」


「。。。いや、本当にうちは。。。」


「ねぇ、オヤマールさん!どうやったら子供があんなにサッカー好きになるんですか?秘訣はあるんですか?隠さず教えてくださいよ」


「ほんとに、うちは別に。。。」


「もう、隠しちゃって!いいですよ!うちだって頑張ってソウマールくんのようにサッカー好きにさせますから!見ててくださいよ」


そういって息子チームの親との会話は終わります。私、何も言えてません(笑)




なので、ここで言わせてください!!




。。。私、卓球部だったんですけど(笑)



たぶんサッカー好きの親は
子供がサッカーをやっているのは親の影響だと考えているようです。

なので
私と話すときも「必ずサッカー好き!」
という前提のもと話してきます(笑)



しかし、私。。。卓球部なのです(笑)



けれどそんなことは露知らず
きっとその人から見れば、うちの子供はサッカーが好き!!だから「羨ましくうつる」のだと思います。



しかしその親の理論からすると

私はソウマールが卓球をやってくれないから不幸なのです(笑)


もう、いっつも、サッカーばっかり(笑)

(まぁ、私はそもそも息子を卓球選手にしたいとも思いませんが(笑))


そもそも私は子供をスポーツ選手にしたかったわけじゃないのです。


だって
とても大変そうなイメージしかありませんから(笑)


それでも子供をどうしてもスポーツ選手にしたい!!というならば。。。



野球選手かゴルフ選手がいいです



。。。まぁ、どっちも私、やったことがないんですけどね(笑)


それでも日本で稼いでいけそうなスポーツをやってほしいなぁと個人的には思います。
(まぁ、これはこれで、プロになるには相当な覚悟がいるとは思いますが。。。)

やっぱり子供には
「人様に迷惑をかけない」程度で生きてくれれば良いかなぁ~と
卓球部思考なオヤマールです🎵

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
少年サッカーランキング

サッカーシューズで、こんなにも違うのか。。。

どうもオヤマールです。

前にソウマールがミドルシュートを打たなくなったと書いたことがありますが、覚えていますか?

これです

soumar.hateblo.jp



そしてこの時にもちょこっと書いたのですが、私的には「シューズのせいかもしれないと。。。」思いました。





まぁ、
結果からすると、「シューズ(インソール)のせいでした」


もちろんシューズにも色々なタイプがあって。


・足元の感覚を養う為に、シューズの生地が薄いタイプ


・強く蹴っても痛くならないタイプ


この2つのタイプは
ジュニア時代どちらも大切にしたいところなのでどっちを使うかは悩ましいところです。


しかーし!今回はそんな話ではないのです!!(笑)



前に私が
ソウマールの誕生日に買った(高い)シューズは蹴っても痛くならないタイプのシューズでした。

その時のお話

soumar.hateblo.jp


なるほどなぁ~
だからあんなにバンバンシュートをうってたのかぁ~


私は妙に納得しています。


しかし、このシューズ。。。毎回買うのは高い!!(笑)


うーん。悩ましいです!!

子供の上手さを取るために高いシューズを買うか、それともシュートはそのうち大きくなれば打ち出すから、それまでミドルシュートは封印するか。。。



それとも。。。



しばらくすればシューズなんて安くなるから、それまで待てばいいかなぁ

とも思っているのです。


最近のシューズの流行りすたりはとても早く
ドンドンと新しいシューズが現れ、欲しいシューズはいつの間にか店頭から姿を消します。
(もちろん、そのシリーズの最新モデルは売っているのですが。。。またそれはそれで高い(笑))



私は悩みます。



子供にどんなシューズを買ってあげるべきか。。。


というか、そろそろスパイクでもいいかなぁ~とも思いますが、それはまた別の機会に♪
(といいながら、たぶん、この話を書く事はありませんが。。。スパイクについて詳しくないし(笑))

神に愛された西独製サッカースパイク

神に愛された西独製サッカースパイク

  • 作者:小西 博昭
  • 発売日: 2017/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ということで
一応、ソウマールがミドルシュートを打たなくなった理由が分かり、一安心!!


そして検証のために
高いシューズを今回は買い与えてしまったので、頑張ってもらいたいです。


まぁ
実のところ。。。


中に入れてる(これまた)高いインソールのサイズがそろそろ入らなくなりそうなので、最後に買っただけなのですがね(笑)


もうほんとサッカーってお金がかかるザマス。

誰ですか?

サッカーはボールさえあれば出来るなんて言ったのは?


。。。てか、もっとお仕事しよっ(笑)


お金、お金。。。💰️


SEE YOU🎵😘

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
少年サッカーランキング

【再会】このタイミングだから、出会えたんだ

「おう!ソウマール!こっち!こっち!」

「おぉ、待って!今いくから!」



小さい頃よく小さな公園でボールを蹴っていた仲間達。
サッカーなんて言葉すら知らず、ただ球の蹴り合いをしていた日々。
それでも楽しかった仲間達。。。


当然、時がたてばその「球蹴り」が「サッカー」だと知ると、子供達がそれぞれ(家庭の事情などもあり)違うサッカーチームに入り、別のチームに。。。


たまに送迎で会っても「あぁ」と手をあげる程度の関係。


このままきっと交わることはないんだろうなぁ。。。と私は思っていた。



それぞれの夢に向かって子供達は進んでいる。。。



もうあの頃のようにボールを蹴りあうこともなく、それぞれのスケジュールで動く子供達。



それが。。。



「おぉ、ソウマール!すっげぇ!うまいじゃん!!」


「いや、そっちこそ!そんな技いつ覚えたの?教えてよ」


「へっへっへ!うちのチームでやる練習なんだけどよ。。」


「へぇ~」



最初はぎこちなくしていたけれど、一度大人がボールを転がしてみると、子供達は一気に昔のような仲に戻った!!



そうです。
普段ならもう一度、一緒にサッカーをやることのない友達と最近また公園でボールを蹴ることに♪



お世辞にも大人から見ると「良い練習」とは言えないけれど、汗と笑い声が溢れでているこの状況にオヤマールは満足です。



もちろん期間限定の自由時間です。



あと2週間もすれば、彼らはまた敵同士。。。



それでも今はバカなままでいられる喜び。



よーく、噛み締めてください。



それが人生の喜びです。




そしてまた2週間経つと君達は本来のスケジュールに戻るでしょう。


また別れです。



これは嫌がらせでも何でもありません。



君らの将来を思い、最良の手段だと本気で信じた親の願いです。


そんなもん俺らに関係あるか!
という異論も認めます。



しかし、やってもらいます。



それでも私達大人はズルい生き物です。


だから。。。


君達にはそんな大人が決めたスケジュールなんかすらも軽く飛び越えちゃうぐらい、
いつまでも素敵な仲間でいてほしいと心から切に願います。



矛盾しているのは、知っています。


これは、ワガママな大人からのお願いです。
m(_ _)m



君達なら出来る!!



私はそう思っております。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
少年サッカーランキング

海外と日本の差【競争心編】

よく海外と日本の差といえば
「競争心」「闘争心」など
貪欲に勝ちにこだわる所だと言われてますよね。



私もテレビやジュニアサッカーなどを見ていると
「日本人って、なんで争うことが嫌いなんだろうなぁ~、スポーツぐらいガツガツいきなよ~!」
と思ったりもします。


そんな思いでソウマールと公園に行けば


日本の子供達はやっぱり
「PK」とか「パス回し」など、極力、接触するプレーをしないで遊びます。
(コロナ的にはOK?)


そんな子供じゃいかーん!


私は子供達になんとか
競いあわせようとしました。

「ねぇ、今からオヤマールが得点を数えるから1位を決めようよ!」
というと、最初子供達は「えー」といいますが、問答無用で私は得点を数えました。
(ついでに解説も(笑)「おっとソウマール選手これを外すと敗けが決定します」とか(笑))




すると子供達は慌てたように真剣な眼差しになります。


そして際どい判定があると


「入った!」

「いや、ノーゴール!」

「どう!オヤマール!!」
(子供達が同時にこっちを見る)


「うーん。。。入ったかなぁ?」


「やーい!!」


「あん?」


「勝った!勝った!」

「うるせぇな!」


「まぁまぁまぁ」となだめる私。



「よーし!じゃあ次は一対一な!」


「いいぜ!オヤマール!ちゃんと見ててよ!」

そして一対一が始まると。。。


「おい押すな!」

「押してねぇよ!」

「服、引っ張るな!」

「引っ張ってねぇよ!負けてるからっていいがかりつけるなよ」
「なんだと!!」


「まぁまぁまぁ」となだめる私(パート2)


そしてだんだんと険悪なムードに。。。


急いで私は言いました。

「ほら、こうやってさ勝ち負けよりも一緒に練習してくれる事にお互い感謝しなよ。今、みんな上手くなってるよ!」


「あん?」


。。。



ということで私、分かりましたよ。



子供達は決して「闘争心」や「競争心」がないわけじゃないです。


その気持ちを毎回出されてやられると
大人がめんどくさいから、知らず知らずのうちに、子供を押さえつけているだけだと(笑)


。。。ほんと、争われると。。。めんどくさい(笑)


その後も
家に帰れば、姉弟喧嘩が勃発します。


その時も
「やめろよ!もっと仲良くしなよ!争うなんてバカがすることだ!!」なんて言います。



。。。そう、やっぱり大人の理想通りに子供は育っているんだなと思いました。


だって
いつも「俺の勝ちだ!!いぇーい!」なんて家でやられてたら。。。腹立ちません?


少なくとも私は思います(笑)



そう考えるとピッチの中だけやれ!しかし友達とやるときには出すな!
とか無理なことですよね(笑)



練習でやらないことは試合じゃできないんですから。


今日もまた子供達に色々と教えていただけた1日でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
少年サッカーランキング

すでにサッカー界の新人類に出会う!!

どうもオヤマールです。

現在ソウマールは小学3年生!!

しかし、すでに一個下から
物凄く上手い選手がソウマールの座を脅かしています。


これってちょっとした下克上ですよね。



ちょっと、前まではソウマールがその役で、みんなから
「いやぁ、すごいのが現れた!」などと騒がれていましたが

現在ではそんな人が逆にピンチとは(笑)


新人類は
何がすごいかって、
足元もあり、スピードもあり、パスまで出せます。


そして、ソウマールをからかうのです。


「えへへ」

と紅白戦にも関わらず、ボールの上に玉乗りのように乗っかり、先輩達をからかうのです。
(すごい度胸に私は尊敬すらします!)



しかし、旧人類ソウマールも黙っていません。


新人類が乗ったボールを躊躇なく、蹴りとばします(笑)


そして、新人類は時に泣いたりし、みんなからは避難の目!
(変身中に攻撃する悪役みたいですよね!ソウマール💦空気を読めてない(笑))


それでもソウマールは「試合中だから」と決して謝りません。


そして、ことあるごとに玉乗り時にはソウマールはボールをおもいっきり蹴りとばします!


。。。まぁ、ほんとお堅い人なんです(笑)


私はどちらかというと、その新人類のような遊び心が欲しいとさえ思っています。
(相手をおちょくるぐらいがちょうど良いかなとも思っています)


しかし、我が息子はそういう事をされるとムキになります。ほんと、ムキー!!となるのです。


新人類には負けたくない!
そんな態度が顔に出るソウマール!


しかし、ひとたびグランドから出ると
「ソウマール!こっち来て一緒に鳥かごしようぜ!」と年下の新人類に誘われるのです。


すると。。。

「え?僕も誘ってくれるの?うん。ありがとう🎵」
と、まるで媚を売るかのように尻尾をフリフリさせ、年下の新人類のおしりを追いかけます(笑)

「よし。そんじゃ鬼は年上のソウマールからな!」

「はい!」


プライドがあるんだか、ないんだか。。。(笑)

よーわからん!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
少年サッカーランキング

サッカーが面白いのか?それとも。。。

どうもオヤマールです!

最近、私のLINEに迷惑メールが来るのですがっ!



お相手は。。。



そう、ソウマール(笑)


なんと
ソウマールは暇さえあれば練習動画を私に送りつけてきます!


でも、ちゃんと理由があるのです。。。

だれでも動画クリエイター!  HIKAKIN BOX

だれでも動画クリエイター! HIKAKIN BOX

  • 発売日: 2019/10/26
  • メディア: おもちゃ&ホビー



「ブンブン!ハローYouTube!どうもソウキンでーす!今日の動画はボールタッチを30分したらどうなるか?という企画です。では。。。」



そうです!YouTuberのマネがしたい(だけ)なのです(笑)


ソウマールは暇さえあれば本当に動画を送ってくるのです。
(しかも前置きがすっんげー長い奴)

「サッカーのボールタッチのコツは親指のここの部分と小指のここ!これがポイントなんですね!」



(いや、いいから!はよ、ボールタッチしろや!!)



「そしてこの難易度の高いボールタッチですが!スローでみると。。。こぉこぉがぁポぉイぃントぉでぇすぅ~」



(いや、自分でスローにするのやめろ!ゆっくりボールタッチしてるだけやないかっ!!)



「えぇと、このようにポイントを気にしながら1日5分、いや10分、なんなら3分、時間があるなら15分。。。」


(はい!!グダグダ!!)



「是非気に入ったら、登録の方をお願いします!登録🎵登録🎵」


。。。これが、私の最近の悩みです。
(これを昼間書いているのですが、その間も3件、LINEが来ました。。。地獄です(笑))

あまりにも不愉快すぎて、
動画をブログにアップするのは。。。止めときます(笑)

害でしかないです!あれは(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
少年サッカーランキング