子どもがジュニアサッカー?!

↑ いつでもAmazon検索出来るようにしました♪ ぜひ、活用下さい♪

SOUMAR’s diary

岡本太郎を愛する父とネイマールに憧れた息子ソウマール(現小3)の壮絶なジュニアサッカーに挑む親子の物語です。

この暑さでサッカー。。。むりだわぁ(笑)

暑い!暑すぎる!!

日本の夏はいつからこんなに暑くなったんだ!

この怒りをおさえながら(誰に?)
ソウマールと私は練習をポツポツとしています。


とはいうものの、やっぱり暑すぎるので

いつも
ウォーミングアップで練習は終わりです(笑)


まぁ、うちはそんな感じです(笑)


それでもソウマールは。。。
「父ちゃん!!練習だよ!!練習しにいこうよ!」と家でゴロゴロしている私を必ず誘うのです。


しかし、

私は知っています。

ソウマールが

私を

練習に誘う理由を。。。

それは。。。



「よーし。そんじゃまずはリフティングからいってみよーか!」

「うん!」


開始。およそ1分。。。

「ねぇ、オヤマール。なんだかさ、意識が朦朧としてくるんだけど。。。おれ、熱中症かなぁ。。。冷やさないといけないと思うんだ。。。」


そういってソウマールは
私にコンビニのアイスをせがむのです(笑)




まぁ、
ボールを触らないよりかはましかなぁと思い、私は毎回ソウマールの手に引っ掛かってあげてます。

しかしソウマールは段々と図に乗ってきます(笑)


「ねぇオヤマール。今日も練習に行こうよ!」

そういいながら、ついにはソウマール、直でコンビニに向かおうとします(笑)

「え?ソウマール。。。せめて練習は?」

「いいの、いいの。もう外出ただけで暑いじゃん!もういきなり熱中症だよ。だからアイス買おっ♪」

「いや!さすがにそれは。。。」

「いや、いいから。いいから。それにほらっ、おれ今日、バッグもサッカーボールも持ってきてないから、練習のしようがあーりません♪」

「おい。。。それは。。。」

私がその場で立ち止まっていると。。。

「ソウマールちゃん♪」

なんとソウマールの背後からツマールが。。。

「あれ?公園はそっちでしょ。間違えちゃったの?」

「げっ!ツマール。。。」

ソウマール、
アイスを買わずとも背筋が凍っています(笑)

ツマールは続けます。

「そうだ!今日は私もソウマールちゃんの一生懸命な練習が見たいから一緒について行くね♪」

「いや。。。それは。。。」

「なんでよ。ほら、見せてよ。いつも通りのガッツリとした練習を。。。」

「。。。ねぇ、オヤマール」

ソウマールは私を見てきます。

しかし、私は目を合わせません(笑)
今日はハードな練習をするしかない日なのです(笑)

全ては君(ソウマール)のせいだよ。
。。。せめてボールは持ってこようよぉ。。。(笑)

「あっ!そうだ!ソウマールちゃん」
ツマールがソウマールのサッカーバッグを放り投げます。
「。。。お前、練習行くのにボール持たないで何しにいくんじゃい!!ゴルァーー!!」


「ひっ!!すみません!!」

ツマールはたまに
りんごちゃんのように豹変します(笑)

その日は。。。がっつりと練習頑張りましたよ(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
少年サッカーランキング

ff (フォルティシモ)

ff (フォルティシモ)

  • OTOMO KOHEI
  • J-Pop
  • ¥200