子どもがジュニアサッカー?!

↑ いつでもAmazon検索出来るようにしました♪ ぜひ、活用下さい♪

SOUMAR’s diary

岡本太郎を愛する父とネイマールに憧れた息子ソウマール(現小3)の壮絶なジュニアサッカーに挑む親子の物語です。

サッカーを習うVSストリート!どっちが強い?

私はいつも気になることがありました。

それは

サッカーを習った方が強いのか?

それとも

ストリートでサッカーをやっている方が強いのか?



ちょうどこの前
公園にいたソウマールの友達を誘い、戦ってもらいました♪
※ちなみに、この子達は毎日公園でサッカーをやっている子で有名です。


そんなストリート界最強軍団との試合結果は。。。


やっぱり
サッカーを習っている方が強かったです。


まぁ、当たり前といえば当たり前なんですけどね。

だってその競技をソウマールは専門的に習っているんですもん。

ソウマールと同じ学校の友達(ストリート最強軍団)は
毎日、公園で友達とボールを蹴っているのです。しかも毎日朝練もしていて、学校が始まるギリギリまで。



正直、私はいつも仕事へと行く時に見かけるのですが
その子の頑張りを羨ましく、そして「素敵だなぁ。。。」と思っていました✨



ほんと
私の息子も
「こんな子供になって欲しいなぁ」と常々思っています(笑)



しかし
結果は残酷です。



彼らは本当に毎日純粋に「サッカーが楽しい!」と
はしゃぎながら楽しみ。心で動いているのです。


当然
誰からもインサイドキックなんか習っていません。全てがトーキックです。


そして
そんなストリート界の「王様」だった子供達はソウマールに敗けると。。。


「ノーゴール!!」を連発!


そして最後は
ソウマールを自分の王国から追い払いはじめました。

「ノーゴール!ノーゴール!」
「ずる技!ずる技!」



ソウマールもついに。。。

「もうやーめた!」と帰る支度。

すると。。。

「やーい!不戦勝だぁ!ソウマールが負けを認めたぞ!!よし!俺らの勝ちだ!」とまた彼らは彼らだけの王国を築き上げました。



なんか複雑ですね(笑)



私、中学校時代の自分を思い出しましたよ(笑)
(私は中学校時代、卓球部です)


私の中学校の部活(卓球)の顧問は
卓球を知らない人でした。(テニス経験はあり)

なので全てが自己流です。


当時はYouTubeもないので卓球の本などの連写を見ながら想像したりして練習してました。


そして試合になると。。。


やっぱりクラブチームで習ってる子が強いのです。


大会などでは特に目立ってました。


私も何度も対戦しましたが
私の見たこともないサーブや打ち方でバンバン攻撃してくるのです!


私は
山猿のような反射神経だけで勝負をしているのです。


。。。なんか、惨めでした。



そうなんです。
そもそもそんな子と勝負になるはずがないのです。


それでも学校1上手いと言われていた私のプライドは
「負けは許せん!」と気持ちだけで
なんとかフルセットまでもつれ込んだりして辛くも勝ったりしました。
(やった!)


しかし
次に対戦するときには
「まったく勝てなくなっているのです」


私は自己流でなんとか練習して戦い抜きましたが
結局、習ってる子達との差は広がるばかりでした。
(途中でそのクラブチームからお誘いがありましたが『スカしてる感じ』が嫌で断りました)



その結果。。。
私は中学校で卓球を辞めました。
(正直、ほぼ勝てないし、勝ってもしんどいので、卓球がお腹一杯になりました)




すみません。
脱線しちゃいましたね(笑)

話を戻します🎵


というわけで
よくブラジルはストリートからだ!
といった憧れは日本人にはあるものの、


きっとサッカーを習っている子供の方が上手いです。


基礎や基本を習った上でストリートをやるならまだ良いのかもしれませんが、そうじゃなく
純度100%ストリートで育てようとするのはオススメしないです。


。。。なんか夢のない話ですみません(笑)


でもこれが現実だと思います。
どんな競技も専門的に習っている人の方が強いです。


そうじゃないと、習っている子供もかわいそうですもんね(笑)


職人がストリートに負けてはならないのです。
(大工がDIYに負けないような感覚です)

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
少年サッカーランキング