子どもがジュニアサッカー?!

↑ いつでもAmazon検索出来るようにしました♪ ぜひ、活用下さい♪

SOUMAR’s diary

岡本太郎を愛する父とネイマールに憧れた息子ソウマール(現小3)の壮絶なジュニアサッカーに挑む親子の物語です。

サッカーのタイプ別(攻撃編)

最近、子供のサッカーを見ると(現小3)
上手い子はたいてい
カットインで抜きます。

来る相手を直前で「カット!」「カット!」と方向を変えて、ゴール!!

あ~、あれ、いいなぁ~
(ちょっと膝に負担がかかりそうだけど)

そこで私、ソウマールに提案しました。
「ねぇ、ねぇ、ソウマール。最近上手い子ってカットインで抜くよね。ソウマールもあれやってみない?」

するとソウマール。。。

「パス!!」

「え?ボールなんかないよ?」

「。。。いや、オヤマール。その意味のパスじゃないから、やらないって意味」

「あ、そう?で、なんでパスなの?」

「俺、あれ、あんまり好きくないの。なんかやりずらいというか、なんというか。。。おれはこっちだな」

そういってソウマールはV字やダブルタッチを披露。


なるほど。


そう言われてみれば、その上手い子をみてみると、逆にV字とかダブルタッチを使わないです。だいたいがカットイン。
(カットインだけで抜けてるのが凄い)


そこで私は観察しました。


今回は
タイプ別に分けて

スピードタイプ
まずこういう子はカットインが得意です。なるべくスピードを殺さずに出来るシンプルなフェイントを好む傾向にあり
得意技。。。カットイン


テクニックタイプ
こういう子はけっこう中盤にいて、抜くよりも奪われないドリブルで多彩な技を駆使するイメージ。特に軸足の裏を通す技が得意。きっとジンガも上手そう(笑)
得意技。。。軸足の裏通し


フィジカルタイプ
体の大きい子供はけっこう簡単な技でも人より避ける幅が広いため、ダブルタッチだけでも抜きやすい
得意技。。。ダブルタッチ


ブラジルタイプ
心に余裕のある上手い子はどちらかというと上から抜いたり、ループパス、ループシュートを多様する。特に休憩時間はヒールリフトの練習をする傾向あり
得意技。。。シャペウ


宝箱タイプ
相手がいない練習の時にはヒールリフトエラシコなど様々な技を披露しますが、いざ試合になると一切使わないというタイプ。
大丈夫!君なら出来る!どんどん試していこう!


最後に


ソウマールタイプ
ダブルタッチやV字などをよく使うが、全て右側からしか抜かず、気付くと勝手に右サイドライン際まで追いつめられている。
得意技。。。言い訳(ごめん。今のわざと)


以上
タイプ別診断でした(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
少年サッカーランキング

4スタンス理論で子どもの足が速くなる!  スポーツが劇的に上達する!

4スタンス理論で子どもの足が速くなる! スポーツが劇的に上達する!